審美歯科で選べるクラウンの種類と特徴

審美歯科では、見た目の良くない歯にクラウンという名の被せ物をしてもらうことができます。

虫歯の治療後にやせ細った歯でも、クラウンを被せることで健康的な歯のように見せることが可能です。

こうした治療方法は全世界的に人気があり、日本でも高齢者を中心にしてよく利用されています。



ただ、クラウンと一口に言っても、どういった材質のものを採用するのかはいろいろと選べます。

材質によって予算も違えば、性能も違ってきます。



なので、それぞれの材質にある特徴はしっかりと把握しておくべきでしょう。

まず、基本的なものとしてオールセラミックスクラウンがあります。

これはその名の通りにすべてがセラミックスでできています。


安価に作れますし、見た目もかなり自然なので一番人気です。

お金がない場合は、まずこれを選ぶこととなるでしょう。
ただ、割れる可能性もあるので扱いには注意が必要です。ハイブリッドセラミックスクラウンというのは、セラミックスとレジンを組み合わせたタイプで、こちらもそこそこ安価です。効果なものの代表としては、ゴールドクラウンがあります。

これはいわゆる金歯のことで、安定した金属であるゴールドをふんだんに使ってクラウンを作成します。柔らかいので壊れるということがほぼなく、長期的に使用も可能ですが、見た目が派手になるのでよほどの奥歯にしか使えないという弱点も存在しています。


審美歯科によっては、扱っていないクラウンももちろんあることでしょう。

GIRL'S TALK - Amebaサイトが一番おすすめです。

審美歯科に行って最初のカウンセリングで要確認です。